介護職の人材採用がますます困難となる超高齢社会へ

高齢化に伴う介護職の人材難

高齢化に伴う介護職の人材難

日本は、短期間で急速に高齢化が進み、現在では世界トップの高齢化率になりました。少子高齢化に伴い、今までになかった様々な問題が浮き彫りになっています。今後、高齢化が進むにつれ、より多くの介護職員を確保する必要性が出てきますが、介護職の人材採用は今より困難になることが予測されています。介護職不足による社会への影響は深刻です。このような状況において、介護職へ就職希望する方が少ないのも事実です。そこには、社会的なイメージが大きく影響しているのです。

  • 進む日本の高齢社会

    進む日本の高齢社会

    • 高齢化に伴う介護職の人材難

    急速に高齢化が進んだ日本では、わずか37年の間に「高齢化社会」から「超高齢社会」に突入しました。現在、高齢化率は世界一です。なぜ、短期間でここまで高齢化したのでしょうか。主な理由として、出生率が低くなったこと、医療の進歩によって死亡率が下がったこと、平均寿命が長くなったことが挙げられます。これからの日本は、この高齢化にどう対応していくのか、世界中から注目されています。また、高齢化の変化に対応できる介護職員の確保が急務となるでしょう。その上で、新たな人材採用が、ますます求められています。

    MORE
  • 深刻な介護職不足とその影響

    深刻な介護職不足とその影響

    • 高齢化に伴う介護職の人材難

    高齢化が急速に進行する中、このままいけば将来、介護職員が大幅に不足することが指摘されています。厚生労働省の発表によると、団塊の世代が75歳以上になる2025年には、介護職員は38万人不足すると予測されています。現在も人材不足で悩んでいる介護施設にとって、今後、人材採用がさらに難しくなっていきます。介護職員が不足すれば、介護現場にも、社会にも、様々な影響をもたらします。介護職員の不足によって、職員1人への負荷が大きくなります。そして、新規採用の減少が介護職員の高齢化へとつながります。

    MORE
  • 介護職不足になってしまう原因

    介護職不足になってしまう原因

    • 高齢化に伴う介護職の人材難

    今後、高齢化の進行に伴い、介護職員の採用は、ますます困難になっていきます。現時点でも、介護職は人材不足と言われていますが、そもそも介護職はなぜ、人材が不足しているのでしょうか。その原因は、大きく分けて2つあります。1つは、介護職に就こうとする人が少ないこと。もう1つは、介護職の離職率が高い、すなわち、定着率が低いことです。この2つの原因を作り出しているのは様々な要因があります。介護職への社会から見た悪いイメージだけが先行してしまい、介護職を遠ざける結果につながってしまっているのです。

    MORE

こちらの記事がおすすめ!

人材紹介サービスを取り入れるメリット

介護職の人材採用の力強い味方になるのが、人材紹介サービスです。キャリアコンサルタントのサポートにより、優良な人材の確保が可能となります。求人募集の経費削減や採用に費やす時間の短縮にもつながります。MORE

介護職採用のコツを紹介!

介護職は、今後とても重要な職種となります。「超高齢社会」を迎える2025年。その時、介護職の人材不足は目に見えています。それに対応するために、様々な取り組みがあるのです。そして、より良い人材採用をするためのコツをいろいろな目線から見てみましょう。実際の介護職採用の参考となる情報をお伝えしていきます。【お問い合わせ先】